朧気。 ガチャでハプニングっっ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガチャでハプニングっっ! 

朧ですよ

2時間ほど前、妹のT仔氏とツタヤで借りてたDVDとCDを返しに行った時の出来事。
店に入る前にT仔氏がガチャやりたいと言い出して、ガチャを終えるまで待つことにした俺。
さり気無くやっている様子を伺うと、T仔氏のやっているガチャの機械に異変が・・・

T仔氏「あれっ・・・?200円入れたのに、100円だけ返ってくる」

俺「もう一回入れてみたら?」

3~4回100円玉を取り出して入れ直したが、やはり100円玉は戻ってくる。
違う100円玉に変えても、結果は同じだった。

T仔氏「あかん、出てけぇへん・・・orz。ちょっと、店員さん呼んで来てよ」

俺「何で俺が!?アンタの事でしょーに・・・自分で呼んで来なよ」

T仔氏「・・・じゃあ、ちょっと呼んでくる」

俺「俺ここで待ってるわ」

T仔氏が店員を呼びに行って10分後、T仔氏と店員が故障したと思われるガチャ台の前にやって来た。

T仔氏「200円玉を入れても全然中身が出てこなくて・・・で、先に入れた100円玉も出そうとしたらそれも戻ってこないんですよ」

店員「故障の可能性がありますね、すぐに100円返金いたします。」

T仔氏と店員の会話は更に続く。
しばらく二人のやり取りをみていると、こんな事になっていった。
それは、店員が立ち去って100円玉を返金した時だ。

T仔氏「あ、200円払う代わりにガチャの中身もらえませんか?」

店員「では、お好きなのを一つ選んで下さい」

T仔氏「じゃあ・・・これ」

そう・・・T仔氏がやっていたガチャは、幕末雑貨の台だったのだ。
しかも選んでいたのは、坂本龍馬のナイロンバッグ・・・相変わらず渋い趣味だぜ、アイツ。
店員は同じ商品のカプセルを探し、それをT仔に渡した。

俺「良かったな、好きなやつ選ばせて貰って」

T仔氏「うん」

T仔氏の用件が済んで、やっと店内に入った。
その後トイレに行きたくなって、代わりに返しに行って貰う・・・。
トイレから戻ってくると、今度は立ち読みをする。
ツタヤで立ち読みをして気がつけば、9時を廻っていた。

俺「うわ、もうすぐ10時やん!早く帰ろ」

T仔氏「そうやね、眠いわ・・・」

店内を後にして先程T仔氏がやっていたガチャ台を見ると、【故障中】という紙が貼られていた。
他人事だが、もう一歩先に誰かがやっていたらT仔氏がやる前に紙を貼られていたかもしれない・・・。
俺は一瞬そう思った。
これ、今日の出来事。
スポンサーサイト
オリジ&七人隊暴走漫画①【横着しすぎた兄貴】(※26巻113pより) | HOME | 羽入の為に、お供え物献上

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

プロフィール

朧幻龍

Author:朧幻龍
京都に強い憧れを持つ大阪在住の変態女人絵師
蒼龍ファミリーと安倍四兄姉の生みの親

リアルとブログでは性格が真逆
映画GS美神の蘭丸に対して異常な性欲を抱く

好きなもの:にゃてんし、my創作キャラ、七人隊、蘭丸
信じるもの:自分の才能と絵の腕前、安倍晴明と織田信長の威光

秋山澪

最新記事

最新コメント

カテゴリ

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。