朧気。 【使い魔の宴】(伊藤くん×ハタヤマ)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【使い魔の宴】(伊藤くん×ハタヤマ) 

ハタヤマ(聖京介)受小説書いてみた。
原作じゃ、女の子達ばっかりだったのでw
やおい描写有
------------伊藤くんとハタヤマの趣向

魔女と使い魔が混合する世界、アンゴルノア。
使い魔を魔女っ娘を育成する学校「私立聖泉エンゲル魔法学院」に、言わずと知れた使い魔がいた。
変態ネズミ・ハタヤマヨシノリと、その相棒(?)盗撮魔ウサギの伊藤くんである。
伊藤くんも、ハタヤマに習って最近メタモル魔法を覚えたばかりだ。
満月の夜だけ、人間になれる。
彼のHPには、学園にいる女の子達の盗撮写真が幾つも貼っている。
そんなある日、閲覧者の中で重要なことに気付く。

伊藤くん「(いやぁ~、今日もお客さんが多いなぁ・・・。でも、何か足りない気がするぞ。・・・そうか、女の子の閲覧者だ!!僕のHPに来る閲覧者は野郎ばかりで、女の子なんか一人も来ないのは当たり前じゃないか!!くっそ~~~~、女の子のお客さんが欲しいよぉ~~~!しかし、どうすればお客さんが寄って来るか・・・)」

暫くPCを付けっぱなしにした状態で、伊藤くんは学園近くの本屋に行った。
案の定、女性専用雑誌コーナーには若い女の子達が固まって何かを立ち読みしている。
覗き込むと、それはBL系の雑誌だった。

伊藤くん「(何読んでるんだろう・・・。男同士の絡み雑誌?)」

女の子「ねーねー、この子は絶対受だよね?」

女の子「うんうん、あたしもそう思ったよ」

その瞬間、伊藤くんの脳裏に明暗が浮かんだ。
自分と誰かの絡み合い写真を載せれば、女の子達がサイトに来てくれると思ったからだ。

伊藤くん「(いいこと思いついちゃった・・・♪人間の僕と誰かが絡めば、通な子が遊びに来てくれるかもしれない!よーし、早速今夜実行するか)」

深夜、エンゲル魔法学院の学生寮は不気味なほど静まり返っている。
そんな中、ハタヤマは聖になって男子トイレに行くフリをしてフィリアに逢いに行こうと思った矢先の事。
聖は、人間になった伊藤くんに呼び出された。

聖「さてと、フィリアちゃんの部屋まで遊びに行くか」

伊藤くん「ハタヤマさん、ハタヤマさん・・・。ちょっと僕の部屋に遊びに来ませんか?最新の女の子の裸体写真があるんですよ」

聖「お!そう?じゃあ今から行くよ」

伊藤くんの部屋に連れ込まれたと同時に、聖はベッドに叩き付けられた。
よく見ると、伊藤くんの部屋中に隠しカメラとビデオカメラが設置されている。
自分が撮影されている事に感づくと、伊藤くんに目的を尋ねた。

聖「おい、何でカメラ回してるんだよ?」

伊藤くん「最近僕、女の子に飽きちゃいまして・・・。それで、今度は聖になったあなたのHな顔も撮ってみようかなと」

聖「俺のHな顔だと・・・?!」

伊藤くん「はい。ハタヤマさん、女の子を攻めるばっかりで男から受けられたことはないでしょう?ですから、僕があなたに女の子の気持ちを分かって貰おうと思いまして」

話しかけるやいなや、聖の唇に接吻をする。
舌を挿れて、口を舐め回した。
聖は少し、恥らった。

聖「んッ・・・んんッ・・・////」

伊藤くん「・・・へぇ、意外とHな声出すんですね。ハタヤマさん・・・。もうちょっと虐めてみようかな」

伊藤くんは、制服の上から聖の胸を触った。
乳首を弄られる度、ビクンビクンっと躯をくねらせて喘ぐ。

聖「や、やめッ・・・んぁッッ、あぁッッッ・・・////」

伊藤くん「いい声ですよハタヤマさん・・・。おまけに大事なトコロが勃っちゃってますし・・・さては、弄って欲しいのですか?」

ズボンのチャックを開け放ち、勃ちまくった聖の下半身を弄り始めた。
これには聖も我慢できず、顔を赤らめて奇声を発する。

聖「んくッ・・・んぅッ・・・あッ、ああッ・・・は・・・ぁッ・・・////」

伊藤くん「あなたに攻められている女の子達は、いつもこんな風に喘ぎ声を出してるんですよ・・・。」

聖「でも・・・男と男じゃ、Hなんて出来ないだろ・・・?////」

伊藤くん「例え同姓であっても、Hはできます。じゃあ、実証しましょうか」

伊藤くんは聖の股を広げ、M字開脚の体位にさせた。
硬くなった自分のモノを聖の穴に宛がい、挿入した。
思わぬ快楽に、聖は淫れ始める。

聖「あッ、あッ、あッ、あッ、あッ、あッ・・・////」

伊藤くん「思った以上に喘いでくれるんですね、ハタヤマさんは・・・。女の子より興奮するなぁ・・・」

聖「これが・・・男にされる感じなのか・・・////」

伊藤くん「・・・希望があるなら、触手魔法で襲ってあげましょうか?」

聖「いい・・・人間のお前に攻められる方が感じ易くなる・・・////]

聖はやや、人間の伊藤くんに惹かれつつあった。
伊藤くん自身はこの時初めて、男に惹かれたと感じた。
ただ、相手は聖になったハタヤマだけに限るが。
翌日伊藤くんは、自分のHPに昨日ビデオカメラに残した動画をネット上に流した。
予想以上に反響は多かった。

伊藤くん「趣向を変えてからというもの、女の子のお客さんたちが多くなったなぁ。ハタヤマさんの淫乱な顔は大評判だ、ひひひっ・・・」

この1時間後、伊藤くんが鈴玲に殴られたのはいうまでもない。
伊藤くんのハタヤマ盗撮劇は、まだまだ続く

                       【終】
スポンサーサイト
にゃんぱいあと何か謎のモノ← | HOME | 売っちゃった...

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

プロフィール

朧幻龍

Author:朧幻龍
京都に強い憧れを持つ大阪在住の変態女人絵師
蒼龍ファミリーと安倍四兄姉の生みの親

リアルとブログでは性格が真逆
映画GS美神の蘭丸に対して異常な性欲を抱く

好きなもの:にゃてんし、my創作キャラ、七人隊、蘭丸
信じるもの:自分の才能と絵の腕前、安倍晴明と織田信長の威光

秋山澪

最新記事

最新コメント

カテゴリ

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。